【ワンピSS】ミス・バレンタイン「強くなる石」少年「ぐえっ」

cce9a53e3bce6209e94d5b15ae81bb3f

1: 2015/12/10(木) 05:46:46.28 ID:MtYstf7AO
少年「…っ」ゼェ…ゼェ

ミスバレンタイン「立つのもままならない状況ね…キャハハハじゃあトドメさせてあげるわ」

少年「…何をっ…」

ミスバレンタイン「ちょっと失礼♪」ずしっ

少年「ぐっ…」

ミスバレンタイン「キャハハッ今、私があなたのお腹の上に座っているわ…いくら子供なあなたでもどういう状況かわかるわよね?」

少年「…っ」

ミスバレンタイン「私の能力は、自分の体重を操作できるキロキロの実。
1kgから、10000kgまで。ねぇ?今の状態で私が能力を発動したらあなたはどうなると思うかしら?」

少年「ヒ…ヒィッ」ぞくっ

ミスバレンタイン「自分の状況がわかったようね!顔が真っ青よ!キャハハハハ!」

ミスバレンタイン「でもすぐには殺さないわ!あなたが情報を喋ってくれるまでゆっくりゆっくり重くなってあげる!
あなたは何キロまで耐えられるかしら?キャハハハハハハ」

12: 2015/12/10(木) 09:23:51.41
初めてSSでミスバレンタイン見た気がする

13: 2015/12/10(木) 09:40:04.10
ワロタ

2: 2015/12/10(木) 05:48:30.78 ID:MtYstf7AO
ミスバレンタイン「すごく重くて苦しいわよ?でも今、もし君が正直に話してくれるなら助けてあげるかもね?どうかしら?」

少年「…」ハァハァ

少年「…い…今の段階でも結構重いんですが…まだ能力を発動していないんですか…っ」

ミスバレンタイン「……へえ?ガキのくせに勇気あるわね~そんなに私の重さを味わいたいのかしら」

少年「え…?」

ミスバレンタイン「じゃあ君のお望み通り 能力を発動してあげるわ!″強くなる石″」

少年「いや……ちょ……待っ……」

ミスバレンタイン「″100kg″」

少年「ぐぅええっ…!」メキミシッ

少年「お…重っ…ガハッ…」

ミスバレンタイン「はぁあああああん///き…気持ち良い♪」

少年「ぐえっ…うげぇっ……」

ミスバレンタイン「重い?」

3: 2015/12/10(木) 05:50:41.74 ID:MtYstf7AO
少年「重いっ…です……」

ミスバレンタイン「そう?良かった♪ 今日はお店も休みだから 1日ずっと暇なのよ だから、1日かけてゆっくり君を潰してあげるわ!キャハハハハハハハハハ!」

ミスバレンタイン「さ、じゃあまず本でも読もうかしら、新しい椅子に座りながら♪」

少年「……」

ミスバレンタイン「~♪」ゴクゴク

少年「そ…れ……」

ミスバレンタイン「え?」

少年「そ…れ……何…を…飲んで…いる…んですか?」

ミスバレンタイン「……は?……えっと……は?…私が持ってるコップ?」

少年「……はいっ…」

ミスバレンタイン「…普通のレモンティーよ、それが何?」

少年「喉が…苦しく…て…飲み…物が…ほしいです…」

ミスバレンタイン「…あげないけど」

少年「……そんな………苦し…い……」

ミスバレンタイン「可哀想♪私が上に座っているから重くて苦しいのね?でも大丈夫よ、キミの座り心地はなかなか悪くないから私は快適に過ごしてるわよキャハハハハハハハハハハハハ!」

4: 2015/12/10(木) 05:51:20.86 ID:MtYstf7AO
少年「うぐっ……」ハァハァ

ミスバレンタイン (はぁ~私の重さで苦しむ男の子の顔って見てるだけで気持ち良いな///…あ、もっといいこと考えちゃった…)

ミスバレンタイン「ジュース飲ませてあげようかしら?」

少年「え…?」ハァハァ

ミスバレンタイン「可哀想だから 飲ませてあげるわ。私の優しさに感謝することね!」

少年「あ…あり…がとうございま…す!」

ミスバレンタイン (キミを苦しめてる根源は私なのにありがとうって(笑)可愛いなぁ…でもごめんね?)

ミスバレンタイン「ただし、飲むのならそのまま飲むのよ!」

少年「え…」

ミスバレンタイン「当たり前じゃない? 特別に私が飲ませてあげるわ、嫌なら捨てるけど?」

少年「…の…飲ませてください…」

5: 2015/12/10(木) 05:51:51.69 ID:MtYstf7AO
ミスバレンタイン「最初からそう言いなさいまったく。よいしょっ。じゃあ口あけて、いくわよ?」

少年「は…い…」ゴクッ…ゴクッ…

ミスバレンタイン「150kg♪」ずんっ…

少年「げほぉっ!」ゴバッ

ミスバレンタイン「キャハハハッ♪大成功っ♪」キャッキャ

少年「ゴヘッゲホッガハッ!」

ミスバレンタイン「全部噴き出しちゃったわね?残念だったわね!キャハハハッ」

少年「ゴフッ…ガハッ…!」

ミスバレンタイン「もうさっきので終わりよ!じゃあ残りは私が飲むわね」

少年「あっ……」

ミスバレンタイン「残念でした♪」ゴクッゴクッ

少年「…」

ミスバレンタイン (…ちょっと可哀想なことしたかしら…)

少年「…間接キス…」

ミスバレンタイン「!?」ブフォッ

少年「」ビチャ

6: 2015/12/10(木) 05:52:22.86 ID:MtYstf7AO
ミスバレンタイン「な…何を言ってるのキミ!」ゲホゴホッ

少年「す…すみません…」

少年 (あれ?)

ミスバレンタイン「あまりふざけたこと言うと承知しないわよ!」

少年「…はい」

少年 (顔真っ赤…もしかして……)

ミスバレンタイン (…か…か…間接キス… この男の子と私がキス…ちょ…ちょっと待って…別に私そんなつもりじゃ…
いやでも 私が飲んだペットボトルを この子が飲んで しかもその後もう一回私が……………………………………
!!??!!?!!!

お…思いっきり間接キスしちゃってるし!あああああああああああああああああああああ!!

ちょっ…そんなつもり全然なかったのに!!私キスもまだだったのに!!え?ちょっ…あれれ?私、この子とキスしたようなもんじゃない!!」

ミスバレンタイン「…」チラ

少年 (お…重いっ…苦しいっ…)

ミスバレンタイン (そう考えるとこの子幼い中に凛々しさもあって、ああ意識してなかったけど男の子なんだな…)

7: 2015/12/10(木) 05:52:57.15 ID:MtYstf7AO
ミスバレンタイン (ってバカみたい…ていうかそもそもこの子は敵なんだから…あーもう…意識しちゃった…切り替えなきゃ…)

少年「…」

少年「お姉さん」

ミスバレンタイン「……何?」

少年「キスとかしたことないの?」

ミスバレンタイン「は?……ああ、…えっと、…なっ……そんなの君に言う必要あるかしら?」

ミスバレンタイン「今の立場わかっていないようね?ねえ、教えてあげようかしら?」

少年「顔真っ赤だよ」

ミスバレンタイン「!?」ゴシゴシ

少年「アハハ拭いても無駄じゃない(笑)」

ミスバレンタイン「うるっさい!」

少年「キスもまだしたことなかったんだ。」

ミスバレンタイン「…う……」

少年「へー(笑)意外だなぁそんなに可愛いのに」

ミスバレンタイン「……″200kg″」ずずんっ

少年「ぐぼえっ!」

ミスバレンタイン「キャハハハすごい声(笑)」

8: 2015/12/10(木) 05:53:24.40 ID:MtYstf7AO
ミスバレンタイン「これに懲りたらもうつまらないこと言うのはやめることね、あなたの命は私が握ってるんだから!今の状況をよく見てみて考えることね!」

少年「ゲホッゴホッ あのさお姉さん、」

ミスバレンタイン「何?」

少年「今の状況をよく見て考えるのはお姉さんの方じゃない?」

ミスバレンタイン「……どういうことかしら?」

少年「まだ気付かない?」

ミスバレンタイン (まさか…罠を仕掛けられてるの…?)

少年「今、僕とお姉さんは向かいあってるね」

ミスバレンタイン「え…ええ」

少年「そして僕はお姉さんの尻に敷かれている、そしてお姉さんはミニスカート」

ミスバレンタイン「え………あ………」

少年「服と同じ色なんだ、でも可愛いと思うよ僕は」ニコ

ミスバレンタイン「はっ?………ひやっ」バッ

少年「今さら隠しても遅いんじゃない?」ニコニコ

少年「あー得したなあ」

少年「まさかこんな可愛いお姉さんの下着をこんなにまじまじ見れるなんてなあ」

ミスバレンタイン「…なっ………あっ…///」

9: 2015/12/10(木) 05:53:52.46 ID:MtYstf7AO
少年「それに今の状況ってお姉さんが僕の上に腰掛けてる、つまりお姉さんのお尻が僕の身体にぴったり密着してるってことだよ」

ミスバレンタイン「なっ…///」カァ

少年「重いけど柔らかくて、気持ち良いですよ」ニコ

ミスバレンタイン「!!??!!??!!??」

ミスバレンタイン「…400kg!!」ズシッ

少年「ごっ…!ぐっぎゅうっっっ……!」

ミスバレンタイン「へんったいっ!死んじゃえ最低っ!」

少年「一気にっ…ぐはっ…素が…でて……る…よ…お、姉…さんカハッ」

ミスバレンタイン「るっさい!」

少年「…で…もお…姉さん」

ミスバレンタイン「るっさい!るっさい!黙れーあーあーきこえなーい聞こえませーん!」

少年「…」

少年「お姉さん」

ミスバレンタイン「あーあーあーあーあーあー」

少年「可愛いなぁ」

ミスバレンタイン「なっ…ゲホッゴホッ!!」


10: 2015/12/10(木) 05:54:18.17 ID:MtYstf7AO
ミスバレンタイン「はぁ??かわっ…かわ////」

少年「やっぱり聞こえてたんじゃんアハハ」

ミスバレンタイン「……」

ミスバレンタイン「可愛くなんかないわよ」

少年「…え?」

ミスバレンタイン「私は、元殺し屋よ。何人もいや何十人も この能力で殺してきた。
もう普通には戻れないの、戻るにはあまりにも私は汚れ過ぎてしまったの…
20: 2015/12/15(火) 23:22:56.64 ID:DGMnuLjAO
少年「…つまりどういうこと?」

ミスバレンタイン「私はもう戻れないの…
あまりにも人を殺しすぎたから…、
だから、私が幸せになる資格なんかないのよ」

少年「…殺したってどうやって?」

ミスバレンタイン「え……1万キロギロチンとか、1万キロプレスとか、私の技で…」

少年「…でも相手もお姉さんを[ピーーー]気できてるんでしょ?」

ミスバレンタイン「ま…まぁ そうだけど……それより重くない?そろそろ降参したら?」

少年「え?今何キロくらいですか?」

ミスバレンタイン「…400kgよ…すごく重いはずよ?」

少年「 (失笑)」

ミスバレンタイン「え…?」

少年「あ…いえ、あのー。。1万キロプレスって何ですか?」

ミスバレンタイン「え…?技のことかしら?」

少年「はい」

ミスバレンタイン「傘さしたら適当に上空に上がるからそこから私が一万キロで敵の上に落ちて押し潰す」

少年「だっさ」

ミスバレンタイン「え?」

少年「いえ」

21: 2015/12/15(火) 23:31:27.92 ID:DGMnuLjAO
少年「で、それ喰らって相手はどうなるんですか?」

ミスバレンタイン「地面に埋まる」

少年「は?」

ミスバレンタイン「地面に埋まる」

少年「何それ地面に埋まるだけ?」

ミスバレンタイン「うん」

少年「なんでそれで死んだって思うの?」

ミスバレンタイン「多分死んだかなーって」

少年「何?死体を確認しなかったの?なんで?」

ミスバレンタイン「可哀想だし」

少年「うわーお姉さん あなたの頭が一番可哀想だよ よくそんなんで殺し屋名乗ってたよね」

ミスバレンタイン「………600kg」ボソッ

少年「あ、体重増やしたな、何?何でこのタイミングで体重増やしたの?ねえ答えてごらん?」

ミスバレンタイン「……ちょうど時間が立ったからです」

少年「はい嘘、さっきからまだ320秒程度しかたっていません 体重を増やしてる時間は不定期ですよね
僕があなたに質問している最中 あなたは一瞬イラッとした顔になりました その瞬間体重が増えました
あなたは僕への苛立ちで体重を増やし僕を苦しめようとしました ok?」

ミスバレンタイン「…いえ……」

少年「あそう」

22: 2015/12/15(火) 23:39:56.54 ID:DGMnuLjAO
少年「で?」

ミスバレンタイン「はい?」

少年「まだ技あるんでしょ?」

ミスバレンタイン「え……はい」

少年「何よ」

ミスバレンタイン「あ あの 一万キロギロチンです…」

少年「うん それなによ」

ミスバレンタイン「私が傘で適当に上空に上がってこう一万キロで相手の首目掛けて落ちます」

少年「一緒やん」

ミスバレンタイン「いえ ギロチンは足で相手の首だけをピンポイントに プレスは私の身体で相手を押し潰すから違いはあります」

少年「あそう。で、ギロチン喰らった相手はどうなるの?」

ミスバレンタイン「身体が埋まります」

少年「あ?」

ミスバレンタイン「相手の身体が一瞬で破裂します」

少年「嘘つけよ」

ミスバレンタイン「ほん…と…うです…」グズ

少年「いやいやちょっとなに泣いてるんですか!」

ミスバレンタイン「身体が飛び散って死ぬとか可哀想だなって」グズグズ

少年「泣くな泣くな!」

23: 2015/12/15(火) 23:46:14.92 ID:DGMnuLjAO
少年「嘘の登場人物に感情移入するとか」

ミスバレンタイン「ごめんなさい…」

少年「いや、で。まあギロチンの話なんだけど」

ミスバレンタイン「」ギクッ

少年「ギロチンでも身体が埋まるならそれはもうもはやプレスと一緒だよね」

ミスバレンタイン「…はいはいそういう見方もできるわね」

少年「おっ開き直ってきたな で、だ。上空まで飛び上がるって どうやって飛び上がるんだ?
重力がないのに真上に飛び上がるのは不可能だし 目標目掛けて上からプレスを命中させるのも難しい」

ミスバレンタイン「まぁ当たらなくても相手が勝手に地面に埋まってくれるから」

少年「エージェント名を地面に返上しろよ」


少年「いや、僕が言いたいのはこんなことじゃないんだ」

24: 2015/12/16(水) 00:08:33.04 ID:SnYlLKpAO
少年「人間は、一万キロ程度じゃ死なないんだ。
銃で撃たれてもお腹を斬られても足を切り落とされても身体を凍らせても炎で燃やされても天空から飛び降りても毒ガスをもろ吸っても針で突き刺しされても腹を貫通されても身体を爆破されても100発くらい100tの力で殴られても弓矢でうたれても1億ボルトで焼かれても光という謎の概念で燃やされても1000tで身体を潰されても首をしめられても頭蓋骨が陥没しても地割れに落ちてもだいたいの人間は死なない!

人間は家の階段から落ちない限り確実には死なないんだ!」どんっ!

ミスバレンタイン「…そんな…」

25: 2015/12/16(水) 00:25:41.40 ID:SnYlLKpAO
少年「確かに、あなたはSかもしれない でも人を進んで[ピーーー]ような人じゃない」

ミスバレンタイン「…あなたに…あなたに何がわかるっていうの!!」

少年「多分お姉さんは覚えてないよね。
僕は、お姉さんの優しさに助けられたんだ、多分覚えてないかも、意識してなかったのかもしれない
でもあの出来事が僕にとってはあなたを好きになる理由としては充分すぎた」

ミスバレンタイン「……え… あ……え…?」

少年「そもそも、一万キロプレスとかしても人間は死なないのに600kg程度で死ぬわけないじゃんか」

少年「お姉さんは人を殺してないよ、」

ミスバレンタイン「でも………」

少年「探そうよ、今まで戦ってきた相手を。
お姉さんの相方も鼻くそぶつけただけで悦に入って相手の意識も確認もせずに颯爽と去るズボラだから普通に相手も普通に逃げてるし普通に生きてるって。お姉さん死体みたことある?」

ミスバレンタイン「ないけど……」

26: 2015/12/16(水) 00:39:18.49 ID:SnYlLKpAO
少年「だからお姉さんは人を殺してなんかいないよ。死体がないんだからさ。
それにお姉さんの心は優しいから人なんか殺さないよ、 だから僕がそれを証明するよ! 僕は一回お姉さんに助けられた命だから 」

ミスバレンタイン「私のために…?」

少年「お姉さんのためになりたいと思う僕自身のためだよ」

ミスバレンタイン「……」クス

少年「だからさ店で働きながらでいいから 旅に出ようよ 僕ら二人で」

ミスバレンタイン「…何の旅?」

少年「証人を探す旅だよ お姉さんが戦ってきた相手を探す旅 もし相手が見つかったらお姉さんの無罪が証明される!」

ミスバレンタイン「キミと私の二人?」

少年「あ………ま…まぁそっか…旅だし……まぁ嫌だよねそりゃ あ いやそりゃそうだってごめんちょうどはしゃいじゃって…」

ミスバレンタイン「…焦るなよ」クス

少年「え?」

ミスバレンタイン「キミと二人って面白そうじゃない」

少年「お…お姉さん…」

27: 2015/12/16(水) 00:57:23.70 ID:SnYlLKpAO
ミスバレンタイン「じゃあ…信じていいのかしら?」

少年「はい、よろしくお願いします!」

ミスバレンタイン「…ごめん、多分私今顔真っ赤だと思う…」

少年「可愛いですよ」

ミスバレンタイン「またそんなこといって///」

少年「えへへ」

ミスバレンタイン「あ、悪いわね ずっと座ってたわ!今退いてあげるわね!」

少年「ちょっと待って!」ガシッ

ミスバレンタイン「え…?」

少年「お姉さん、僕に座ったまま一万キロまで体重増やしてよ」

ミスバレンタイン「は?……ええっ…はぁあああああ?? な…なんで?」

少年「僕が一万キロでも死なないって証明してあげるからさ」

ミスバレンタイン「でも、すごく重いわよ?重くなる石で一万キロとか使ったことないし……」

少年「僕の懸賞金は4545万0721ペリーある。」

ミスバレンタイン「え?」

少年「3000万ペリーのやつが喰らっても無傷だったのなら僕だって絶対平気さ!」

28: 2015/12/16(水) 01:04:59.36 ID:SnYlLKpAO
ミスバレンタイン「本当…だ…」

少年「だからお願いします、それに僕はあなたのすべてを受け入れる覚悟なんです。一万キロなんてそのくらい余裕で耐えられます」

ミスバレンタイン「いいの?」

少年「はい!」

ミスバレンタイン「じゃあ最大まで徐々に重くなるわよ?」

少年「はい!」

ミスバレンタイン「じゃあ いくよ?1000kg」ずしぃっ…

少年「……っ」

ミスバレンタイン「だ…大丈夫?」

少年「はい」

少年 (重っ…重すぎるっ…内臓が飛び出そう…死ぬ…苦しっ…でも耐えなきゃっ…心配させる訳にはいかない…俺は絶対に耐えるっ!)

―――――
――――
―――

29: 2015/12/16(水) 01:18:19.23 ID:SnYlLKpAO
―――
――


ミスバレンタイン「……」

少年「……」

ミスバレンタイン「ごめんなさい、私、3万キロまで操作できるようになってたみたい…」

少年「……」

ミスバレンタイン「ごめんね…私、はじめて死体みちゃったね」

少年「」チーン

ミスバレンタイン「内臓がぺちゃんこに潰れるくらい重かったんだね…」

ミスバレンタイン「苦しかった? 死ぬほど重かったんだよね?ごめんね?」

ミスバレンタイン「でもキミの上に座りながらキミの苦しそうな顔をみるってすごく気持ち良かった。 ありがとね♪」

ミスバレンタイン「もうこれが癖になりそうなくらいに♪キャハハハハハ」

少年「………あ……ガ…」 メリバキメリミリ

ミスバレンタイン「あ(笑)生きてたんだ?ヤッホー♪ 私のお尻でお腹がぺっちゃんこに潰れてるのに(笑)」

少年「重……死… ………ぬ…」メキミシメキ

ミスバレンタイン「なーに?私が重くて死にそうって? ごめんね?座ってる私は全然苦しくないし快適だけどね キャハハハハハ♪」

少年「………あ………」ミシミシ

ミスバレンタイン「私も好きよ?」

少年「………」メリメリ

ミスバレンタイン「うん♪また地獄で会いましょうねバイハーイ♪」

少年「退っ…………」 メリバキメリミリ

少年「……」バキボキバキ

少年「」グチャボキュグチュ

ミスバレンタイン「あーあ 死んじゃった…」


ミスバレンタイン「なんかこれ癖になりそう…///」




終わり


ワンピース速報のLINE
CRG9DnYU8AAvif7

http://line.me/ti/p/SIcpZd4mzH

1001:以下、ONE PIECE速報がお送りします

サンジの件がヤフーニュースにまでなっててワロタwww
ウソップって実は最強なんじゃね?www
ルフィに初めて勝ったのがクロコダイルという風潮
ゾロ過去編「くいなが...家の階段で転んで...死んだ!!」って…
全米のワンピース映画の興行収入ランキング 順位って結構低いんだね
ワンピースの最終巻にありがちなことwww
ワンピース全勢力とドラえもん全勢力が戦ったらどっちが勝つの?
ワンピースの作者があだち充だった場合にありがちなことwww
ネタバレ 810話 あれ?ハートの海賊団に女の子いないか?wwww(画像あり)
田舎老人「無医村で困ってる。医者来いや!」医者「わかった。行くわ」
このレベルの絶妙な可愛さの子
ワタミの社長が描いたワンピースにありがちなことwwww

引用元: http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449694006/